日本の高齢者を元気に明るくする介護タクシー事業者様を応援します!

介護保険タクシー取得のメリット

介護保険介護タクシー(保険適用あり)の利用が増えています。
介護保険介護タクシーは、取得する一番大きなメリットとしては、通院等の乗降介助を1割負担で利用することができる点が挙げられます。(なお、介護タクシーは現金による運賃体系のみであり介護保険の適用対象外となります。)
また、介護保険タクシーは、介護タクシーに加えて介護保険タクシーを扱うことができるので、介護タクシー事業の発展につながるといえるでしょう。

介護保険タクシー取得の手続きについて

介護保険介護タクシーは、上記のようにメリットがある一方、通常の介護タクシーと比較して手続き・費用が増える点があり、下記に記載していきます。

介護保険タクシー事業を行う前提として、まず、事業者は法人(株式会社・合同会社・NPO法人)であり、かつ、訪問介護事業の指定を受けておく必要があります。
なお、個人事業主として介護タクシー許可を取得している方が介護保険介護タクシー許可を取得したいというご相談をよく伺うので流れを申し上げますと、まず、個人事業主から法人組織にし、それから当該法人に介護タクシー許可と車両の事業譲渡手続きを行います。次いで、訪問介護事業の指定申請を行うことになります。

介護保険タクシーの対象にも制限があります。介護保険タクシーの対象となるのは、介護保険法上の要介護1から5の方であり、要支援の方は適用対象外となります。
また、要介護1から5の方は、ケアマネージャーが介護保険タクシーの利用をケアプランの中に作成するのでケアマネとの打ち合わせが求められます。
さらに利用目的によっても、介護保険タクシーの対象外となる場合があります。介護保険タクシーは、病院、診療所の通院、日常生活に必要な買い物などは介護保険タクシーの対象となるものの、知人宅の訪問、転院・入院・一時退院などは適用対象外となります。