日本の高齢者を元気に明るくする介護タクシー事業者様を応援します!

介護福祉タクシー事業者の救援事業(便利屋タクシー)について

介護福祉タクシー事業者の救援事業(便利屋タクシー)は、介護タクシー事業に用いている車両を使用して顧客の求めに応じて投薬の受け取り代行、通院の付き添い、買い物代行等の役務提供を行うサービスをいいます。

介護福祉タクシー事業者の救援事業のサービスには、多くの代行サービス(救援事業の料金は、利用者の実費負担となります。)が挙げられます。下記に一例を記載します。

  • 投薬の受け取り代行
  • 掃除代行
  • 洗濯代行
  • 家事代行
  • 買い物代行
  • 引越し代行
  • ペットの散歩代行
  • 電気・ガス・水道の確認代行
  • 車椅子の修理代行
  • 不用品処分代行

救援事業等計画書の届出

介護福祉タクシー事業者が救援事業(便利屋タクシー)を行うには、近畿運輸局大阪運輸支局長(大阪の場合)に救援事業等計画書の届出をする必要があります。

救援事業を行うには、救援事業そのものが既に運営している介護タクシー事業を妨げるものであってはなりません。
営業区域は介護タクシー事業の区域内であること、救援事業と介護タクシー事業の走行分、運賃・料金は明確に区分して管理することなどが求められます。